スピッツPV愛LAND
スピッツPV愛LAND>ソラトビデオ

ソラトビデオ
発売日: 1995/4/26
時間: 33 分
販売元: ポリドール
 
1.スパイダー
2.青い車
3.空も飛べるはず
4.君が思い出になる前に
5.裸のままで
6.ロビンソン
7.ドルフィン・ラヴ
 
スパイダー
スピッツアルバム「空の飛び方」収録曲。
ニッポン放送 「伊集院光のOH!デカナイト」 のオープニングテーマで使われた曲。
朝日新聞社の屋上でPVが撮影されたそうで、だからヘリポートがあるんですね。
PVの特徴は、なんといってもマイクではなく、拡声器を使って歌うということでしょう。
また、光る糸のようなものがたまに出てきますが、これはスパイダー(クモ)の糸を連想させる為でしょう。
あと、メンバー4人共、椅子に座る場面があるが、正宗さんの椅子だけ背が高いのがなぜか気になる。
PV撮影の日、北野武さんが事故後初めて衝撃の記者会見をした日だった。
スピッツがその様子をTVで見ながら撮影をしたそうです。
草野正宗さん、昆虫の中ではスパイダー(クモ)が一番好きだとか。
青い車
テレ朝系のバラエティ 「OH!エルくらぶ」 と言う番組のエンディングに使われていたそうです。
この曲のレコーディングには、外人のスタッフの方と一緒に行われていたんだって。
PVの特徴は、なんといっても双眼鏡で、どこかを眺めながら歌う正宗さんです。
いったいどこを観ているのでしょう!? それは謎です・・・。
また、PVでゴーグルをかけ向かい風をかき分けているのは草野さんだそうです。
空を飛んでいるイメージなんだとか。
テツヤさんは目が腫れていたらしいけど、サングラスをかけているので支障はなかったと。
このPVでのタムラッチの格好が、けっこうタムラッチらしくて好きです。
あと、崎ちゃんの髪型が、やけにスッキリ爽やかです。
青い車は一度も出てきません・・・。
空も飛べるはず
スピッツのアルバム「空の飛び方」収録曲。
フジテレビ系ドラマ白線流しで大ブレイクした曲です。
キリン生茶のCMにも登場しました。 出会いをテーマに作られた曲と言われており、
スピッツのボーカル草野正宗さんが、妹の結婚式(披露宴)で歌った曲だそうです。 
卒業式で歌うのもいい曲かもしれませんね。
PVの特徴は、謎のおじいさんです。 何回も出てくるのですが、正体不明です。
このPVの背景は、茨城県霞ヶ浦(かすみがうら)の古い病院だそうですし、二人の看護士が登場することから
考えると、この病院の患者と考えるのが自然かもしれませんが、現在のところ分かりません。
三輪さんは、自転車に乗り、タムラッチと崎ちゃんは、野球やサッカーで遊んでいます。
君が思い出になる前に
スピッツアルバムCrispy!収録曲。
味の素ギフトのCMソング、日清「べにばな油」のCMソングに使われました。
「裸のままで」とこの曲のPVは、監督さんの母校(和光大学)の倉庫を借りたもので、セットは違うけど同じ所。
飛び交う羽根と、無造作に置かれている美術品が印象的です。
いろいろ無造作に置かれているものは、 和光大学に落ちていた物を並べたそうです。
倍速で撮っているものを普通の速さに戻して編集しているそうで、
周りの羽根もビュンビュンに飛んでいたのでスピッツメンバーの鼻の中に入って大変だったらしい。
裸のままで
この曲のPVでは、ココリコ田中君と似てる疑惑あり。
あの、大きな蝶ネクタイを付けて踊ってる背景には、
「何が何でもやります!メジャーに染まらなきゃダメだ!」 と言う、マサムネ君の思いが・・・
あまり楽しんではなかったとさ・・・。
監督にも狂ったみたいに踊って欲しいと言われ、
自分でも大げさと思えるくらいに動いて疲れたそうです。
このPVで踊ってる女の人は監督さんの友人、マサムネ君と夫婦漫才風と言う設定。
崎ちゃんは紙とベニヤでできたセットを、逆立ちした時に突っ込んで壊したそうです。
テツヤさんは、このシーンで2袋のポテトチップスを食べるハメに。
ロビンソン
スピッツファンの中で、ロビンソンで好きになったという人が多いんじゃないでしょうか。 
スピッツの皆さんもまさかこの曲が売れるとは・・・と思ったそう。
『渋谷系うらりんご』 という、夕方に放送されていた番組(今田耕司さんが司会をしていた)の
エンディング曲になってました。 また'01年にキリン「午後の紅茶」のCMに使用されていました。
映画 『ロビンソンの庭』 とロビンソン・クルーソーから拝借した名前だとか。
PVの特徴は、ずぅ〜とモノクロなんです。 なんか、古めかしさを感じるPVです。
正宗さんのマイクもレトロな雰囲気があります。
そして、たまに出てくるバスがPVストーリーのキーになっています。
正宗さんの持つプレイヤーで、ロビンソンのレコードが流れているという設定です。
ロケは三浦半島で行われたんだそうです。
ドルフィン・ラヴ
この人はイルカに恋してしまったんでしょうか?
「トカゲのしっぽ まだまだ死ねない」 っておもしろい!!
間奏のギターソロと、マサムネ君のコーラスがピッタリ!
仮タイトルは 『ジミヘン』
PVは存在しないのですが、PV集ソラトビデオのボーナストラックとして、ドルフィンラヴのライブ映像が
収録されています。  1994年11月28日の渋谷公会堂でのライブ映像のようです。 
正宗さんは、マッシュルームカットです。
セットの天使、崎ちゃんのステージが迷彩柄なのが印象的です。